ハラギャーテイのイメージ
自己紹介



過去問書庫

問題1問題2
問題3
問題4
問題5
問題6
問題7問題8

子育てと家庭
頭の良い子に育てる
幼児期の大切さ
家庭の重要性
四苦八苦


私の人生模索
特殊な始まり
子供心にも
制服

科学少年

ラジオ製作
その言葉
チャンバラ
親戚

靖国神社

その他
歳をとるとなぜ時間は早く経つか

体重の制御
制御工学の手法をわかりやすく例題を用いて解説した


くらげ泳ぎ
4大泳法以外の
楽しい泳ぎ方


NEW

初恋物語

ハラギャーテイの 制御工学にチャレンジ

   入場者数 本日 昨日


エコ・省力化研究農園と称する我が家の狭い畑です。
稲も植えています。7月1日に田植えをしたものです。
右にコンポスト、その後ろに大きくなったヤーコンが見えます。

        国民の願い

政党が「国民のため」というとき、どういう国民を国民と言っているのか注意しないと誤魔化される。国民のぜいたくな願いは遊んでいても毎月百万円くらいの収入があって住宅も1億くらいの家が国から供与されてと底が知れない。どこかの国に自由が奪われても年金だけが十分支給されていれば満足であるという支離滅裂さである。強姦されても抵抗しなければ怪我もせず、安全であると言っているのと等しいことを言う野党も存在する。

日本人は恥の文化と甘えの構造を持っていたが、恥の文化が廃れてなんでも人のせいにする体質となってしまった。因果が巡ることを忘れて自分の馬鹿さ加減をまったく恥と思っていない。国が大借金するとどうなるかを知らない。グローバルな時代になっていることも企業が仕事をしているから日本人は食べられていることを忘れている。外交は本来厳しい。

安全保障、財産の保護、国の進む道など重要なことがあるのに高速道路の無料化を喜んでいるようでは将来が危うい。ドイツのヒットラーも民主主義による国民が選んだ道だった。平和時には平和が当たり前と思うようである。本当は政権交代は怖いことが多い。

貧しい人のために消費税を考えても恩恵を受ける人が反対する不思議な国である。「金持から金を取れ」はアリとキリギリスで結局横暴なキリギリスが勝ったという話になる。無駄をなくしてと言っても国民は自分のところに来る予算以外はすべて無駄に映るから処置なしである。真面目に国民に訴えても所詮わからないのが普通の国民である。無駄を排すと言っても何を無駄と考えるかは言わないので女房が亭主の酒を無駄というのと似てくる。


 

inserted by FC2 system